suginoya brewery
地酒蔵 麦酒蔵 麦酒蔵 梅酒や紅麹のお酒
 トップページ > 麦酒蔵 > 麦酒の醸造工程
 [前のページに戻る]


麦酒の醸造工程
1.原料(大麦)
ビールの原料となる大麦を発芽させ、麦芽(モルト)を作ります。



2.糖化槽
糖化槽に湯を張り、粉砕した麦芽をいれて麦芽の中のでんぷん質を糖分にかえます。


3.ろ過槽
できた麦汁をろ過して、清澄な麦汁を作ります。


4.煮沸釜
麦汁にホップを加えて煮沸します。 ホップはビールに独特の苦みと香りをつけます。


5.冷却機
煮沸した麦汁を急速に無菌状態で冷却します。


6.発酵タンク
麦汁にビール酵母を加えて発酵させます。麦汁の糖分はアルコールと炭酸ガスにかわり、若ビールができあがります。


7.貯蔵タンク
若ビールを貯蔵タンクに移し、低温でゆっくりと熟成させると、調和の とれたおいしいビールができあがり ます。


8.品質検査
醸造責任者により、それぞれテイスティングされます。


9.樽・瓶詰め
専用の樽やビンに充填し出荷します。


このページのトップへ



地酒蔵 | 麦酒蔵 | 梅酒や紅麹のお酒 | オンラインショップ | 蔵元のご案内 | 直営店のご案内 | お問い合わせ | トップページ
浜地酒造株式会社